FC2ブログ
模型製作徒然草子
あとりえ池やん

1/72 デストロイド・スパルタン(5回目)

2020年11月26日
マクロスモデラ―ズ 製作記事 4
第761段 バンダイ 1/72 デストロイド・スパルタン(5回目)

いきなりであるが・・・

孫と言うのは、小さい時は「爺ちゃん爺ちゃん」と慕って

来るものだが、歳が上がるに連れて段々と疎遠になり、

顔を見せる時は正月の時だけ。

それも目当てはお年玉。

うちの娘もそんな今時の女子高校生。

しかしここ2年程は、部活や友達と遊ぶのが忙しくて正月でも

爺様に顔を見せない。

そんな娘に対して、親父はお年玉を嫁さんに預けて嫁さんから

娘にお年玉を渡している始末。

その都度、親父には「部活が忙しいから、誘っても中々やな」

と口を合わせているが、それでもお年玉を渡そうとする親父に、

「顔も見せない奴にお年玉なんて渡さんでも良い」

と、今年の正月は断った。

そんな親父であるが、やはり孫は可愛いのか?

書留で娘にお年玉を送って来た・・・なんでやねん!

最近はコロナで中々外出が出来ない親父は、我が家に訪れる事を

遠慮している。

なので頻繁に娘の様子を聞いて来るが、電話を掛けて来る時間は大体、

娘が不在の時。

だが・・・

爺ちゃん婆ちゃんの家に行きたがらない娘の気持ちも分からんでもない。

何故かと言うと、私が高校生の時も似たようなもんだったから・・・

だから娘に対して、無下に「爺さんの所に行って顔を見せて来い!」

とキツく言えない。

だが・・・そんな娘に対してよりも一番腹立つのは、弟の事だ!

今、私達夫婦は親父とは離れて暮らしている。

結婚する時に、親父と同居しても良いと言ってくれた嫁に対して、

弟は・・・

「親父の事は、俺に任せろ!彼女も親父と同居したいと言っている」と

豪語した。

だが、そのロシア人の彼女とは完全に別れたらしく
(私が知る限り、6回は別れた、寄り戻したを繰り返している)、

今では別の外国人の彼女に熱を入れている。

弟は親父を放っておいて、実家に全く帰ってない様子。

なので親父は、85歳で一人暮らしのような生活をしている。

そんな私に、鹿児島にいる姉から親父について電話があった。

嫁さんは「親父を引き取ろう。弟は信用できんで!」と言ってくれ、

先日の11月6日の金曜日。会社を休んで親父の所へ同居の話をしに行った。

で・・・・親父の答えはNO.

死んだお袋の遺影を他の家に移したくないし、墓から遠くなるのは嫌だと

言って、頑なに断って来た。

なんか・・・

だんだんと親父が気の毒になり、せめて親父が以前から行ってみたいと

言っていた箕面の勝尾寺まで紅葉を見に、私と嫁さんで親父を連れていった。

20201122-1.jpg

平日なので人も少なく、コロナ対策も万全。

20201122-3.jpg

20201122-4.jpg

20201122-5.jpg

20201122-6.jpg

紅葉が見たいと言っていた親父だが・・・

訪れた6日は紅葉が満開ではなかった。

そんな親父が、娘に喜ばれもしないだろうお土産を
(お守りや、煎餅、漬物とが年寄りが喜ぶような物ばかり)

山ほど買う姿を見て、帰ってから「何とかせなあかんな」と、

嫁さんと真剣に話した。

最悪、これは本当に最悪な事だが、私達が親父の住む実家(吹田)

移るかもしれない

・・・でもこれは私としては本当に悩む。

私自身は、元々住んでいた実家で暮らすのだから何の不自由な無いし、

近所には同級生も沢山いるので楽しいかもしれない。

だが、嫁さんは違う。

嫁さんは別に良いよと言っているが、嫁さんの両親はどう思うだろうか?

そんな事を考えると胃が痛くなる。

せめて弟がしっかりしてくれたなら・・・

姉は一度弟にガツンと言うと言っているが、

私以上に強情でわがままな弟には<豚の耳に真珠>

今度は何(国)人の女と付き合っているのか知らんが、

あいつはマジで信用できん。

前置きが大変長くなりましたが、身内のややこしい問題から逃げるように、

池やんは模型に没頭するのであります。

今回は前回開閉式にしたミサイルハッチの内部を製作していきます。

spa29.jpg

いきなりプラ板でハッチ内の底板を切り出すのは難しいと思い、

いつものように工作用紙で型取りして切り出します。

spa30.jpg

寸法を調整して1mmのプラ板で切出し。

spa31.jpg

ハッチも切り出したせいか?

一回り小さくなってしまったので、ディテールアップを兼ねて、周囲を

0.5mmのプラ板で補強と寸法アップ。

spa32.jpg

spa33.jpg

接着剤が乾燥するまで、写真の状態で数日間寝かせます。

spa34.jpg

ミサイルハッチ閉状態から・・・

spa35.jpg

ミサイル発射!

こんな感じで、大まかな工作は終了。

次回から、各部補強と細部のディテールアップを施します。

その後、表面仕上げか・・・まだまだやな。

と言う事で、今回はここまでとします。

さっき姉から電話がありました。明日、鹿児島から実家に帰るとの事です。

俺・・・明日仕事なんやけど、、、、休めんのやけど、、、

スポンサーサイト



気に入ったらシェア!

あとりえ池やん
この記事を書いた人: あとりえ池やん
模型製作徒然草子の管理人。
あとりえ池やんです。
ヤフーブログからの移行人です。
どうかお見知りおきよ

コメント4件

コメントはまだありません

ロジャー・サスケ

私見ですが

僕の母はもう少し歳上ですが、一人で気ままに過ごしています。
息子から見れば気がかりですが、案外ストレス無く過ごせる環境の方が良いのかも知れません。
兄弟なぞ、独立して年月を経るにつれ、過去とは別人に成り果てます。
心配は分かりますが、親が希望されていないなら健康に留意するだけで良いと思います。

2020年11月27日 (金) 21:36

rantei2661

設定画のせいだと思いますけど、このキット、多分下半身があまり動かないですよね。
特に股関節は苦労が多かったろうと察します。ぬえの設定画はカッコイイんですが、オモチャやプラモのメーカーが当時、イメージを維持しながら可動を組み込むのは大変だったと思います。それでもここまでポーズがカッコよくなっているのはさすがです。

私にも経験がありますが、親は昔からの故郷から離れたくないものなんですよね。生活の手段とか子供は考えるんですが、故郷の親からすればもっと大事なものが存在してしまうのは難しいです。

2020年11月27日 (金) 22:31
あとりえ池やん

あとりえ池やん

サスケさん

コメントありがとうございます

まぁ、そうですね。
ただ記事には書きませんでしたが、親父は
ある疾患を持っている為、一人にさすのは少し心配。
昔から強情で素直じゃない親父に対して、只今
姉と二人で説得中です。

2020年11月27日 (金) 22:44
あとりえ池やん

あとりえ池やん

蘭亭さんへ

コメントありがとうございます

仰る通り、キットのままだと下半身全然動きません。
なので股と腿の取付部に少しクリアランスを設けてみました。
跡、腰と胸部の関節部にも、クリアランス設けてます。

先の方にもコメントさせて貰いましたが、うちの親父は変に強情で
変に意地っ張りの所がありまして、
歳とるに連れて面倒くさくなってきております。
何かあったら直ぐに来てくれたら良いよ言っていますが、
その度に車飛ばして、駆けつけなければいけない私の事情も
考えて欲しいです。

2020年11月27日 (金) 22:54